テーマ:韓流

如何にチ・チャンウクでも容赦なし「ねつ造された都市」(韓国映画)

 「笑ってトンヘ」「ヒーラー」「蒼のピアニスト」「奇皇后」のチ・チャンウク・・・、今、売り出し中のビッグネームでも、映画となると容赦ない。徹底的に痛めつけられ、苦痛に悶え、怒りに震え、暴れまくる・・・。  イケメン俳優チ・チャンウクが好きにな人も、ただ単にハードアクションが好きな人も、容赦ない韓国映画が好きな人も・・・、一見の価値…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面白く、やがて悲しい「密偵」(韓国2016)

 今夜は、新宿御苑近くで忘年会。少し時間があったのでシネマート新宿で韓国映画を観ました。  主演はソン・ガンホ、そしてコン・ユ、ハン・ジミン、イ・ビョンホン、日本から鶴見辰吾。時は植民地時代の朝鮮、日本の警察と反日武装集団「義烈団」の暗闘を描きます。  話の胆は、ソン・ガンホ演じる朝鮮人日本警官は果してどちらの側の人間か?・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国ドラマ「師任堂(サイムダン)、色の日記」

 主人公、申 師任堂(シン・サイムダン)は、韓国最高額紙幣5万₩にその肖像画描かれている、朝鮮時代の高名な女流画家。演じるのは「チャングムの誓い」のイ・ヨンエ・・・、そして、そのサイムダンを陰ながら支える王族イ・ギョム役を「秋の童話」のソン・スンホン・・・。この配役なら先ず間違いは無い。  物語は、朝鮮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳優力「太陽の末裔」「オーマイビーナス

「太陽の末裔」・・・既にベテランの域に達しているソン・ヘギョン、今売り出し中の若手男優ユ・シジン。 臆面も無い韓国軍の広報映画の香りが漂う中、やっぱり俳優が良いと魅せてしまうという事だろう。    一方「オーマイビーナス」は、ソ・ジソプとシン・ミナ・・・。ジソプは、相変わらずの眠たげな眼差しが女心を擽るのか?相変わらずの良い声とゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これはもう映画だ「バッドガイズ」(OCN)

最近、アメリカではHBOやショータイムと云ったペイTVがソプラノズやボルジア家といった良質なドラマを世に出し、日本でもWOWOWが頑張っている。 韓国でも、OCNと云う映画専門チャンネルがテレビでは出来ない作風のドラマを作っている。・・・それが、「バッドガイズ」だ。 一人娘を殺された刑事オ・グタク(ミム・サンジュン)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄ロケが良い「大丈夫、愛だ」(チョ・インソン×コン・ヒョジン)

大学病院の精神科医、チ・ヘス(コン・ヒョジン)と、人気作家のチャン・ジェヨル(チョ・インソン)は、テレビのトーク番組で知り合い、お互いが惹かれあう。  しかし、二人は心(精神)に大きな問題を抱えている。二人を取り巻く人間たちにも、それぞれに問題はあるのだが、お互いを思いやる気持ちで其々の問題に関わって行く・・・  エキセント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

色んなチソンが楽しめる「kill me heal me」

七個の人格を持った解離性同一性障害のドヒョン(チソン)と彼を見守る精神科レジデントのリジン(ファン・ジョンウム)を中心とした、ミステリアスなロマンティック・コメディーです。  多くの人格を演じ分けなければならない難役に挑戦したチソン君・・・、流石と唸らせる演技が光る。相手役のファン・ジョンウムとのコンビも「秘密」に続いて2度目なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓流ラブコメは良いね!「ずる賢いバツイチの恋 」

まず、このドラマ・・・、チュ・サンウクさんが良い!私にとって、ジャイアントの時の印象がとても強かったが、「美女の誕生」で完全にイメージを一新。そして、このドラマでは、豊かな表情の名優といった印象が生まれました。良い役者さんです。  更に、ヒロインのイ・ミンジョンさん、強いようで弱い、ずる賢いようでどこか抜けている、意地悪そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バルセロナで迷うハラボジ「花よりハラボジ3(スペイン)」

「花よりハラボジ」の3作目はスペイン!  「荷物持ち」のイ・ソジンの到着を待つH4(ハラボジ4)イ・スンジェ、シン・グ、パク・グンヒョン、ペク・イルソクは、バルセロナでガウディの建築を堪能・・・  しかし、帰り道に迷い5分で着く処を1時間!前途多難を予言する滑り出し・・・!さてスペイン・ポルトガルの10日間はどうなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君たちは包囲された

中学生の頃、母親を殺されたテグ(イ・スンギ)は、新しい名前を得て、警察官として犯人を追う。  任官した江南警察署の直属のチーム長パンソク(チヤ・スンウォン)は、母親の殺人事件で疑いを抱いている刑事だ!  更に、この江南警察の女署長ソクスン(ソ・イスク)も、その事件に絡んで怪しい動きを・・・???  虚々実々の駆け引きの中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国ドラマ「星から来たあなた」(4話視聴)

k-popアイドルで「ジャイアント」ではソンモの子供時代、「太陽を抱く月」ではセジャ(世子)役だったキム・スヒョン君が、地球に取り残されたエイリアンを演じます。  エイリアンの相手役チョン・ソンイは、チョン・ジヒョンさんで、韓流トップスターが役処です。  お話は、地球に来てから400年・・・、もうそろそろ星へ帰る時に差し掛か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家門の栄光(29話まで)

韓国に伝わる伝統的名家である「宗家」の物語です。  物語の中心は、宗家の娘(ハ・ダナ=ユン・ジョンヒさん))と宗家が経営する建設会社(テソン建設)を乗っ取り、名家の系図を手に入れて「家柄」まで・・・!、・・・と目論む会社社長(イ・ガンソク=パク・シフさん)の恋物語・・・  恋愛関係はこれだけではない・・・、ダナの長兄でテソン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国ドラマ・「子役」の力

先週見終った「TWO WEEKS(2週間)」の子役、イ・チェミの演技力には脱帽でした。子役は、「素の可愛さで勝負すればそれで良い」・・・、なんて範疇は完全に突き抜けています。明らかに「演技」しています。セリフはもとより、その表情の素晴らしさは、確実に役作りをしている「役者」です。  「太陽を抱く月」「ロードNo1」「トンイ」等のキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「TWO WEEKS」第一話から期待出来る

イ・ジュンギ君の主演作品です。  チョ・インソンさんの「その冬 風が吹く」が、「ロクデナシが本当の恋をした」話なら・・・  イ・ジュンギ君の「TWO WEEKS」は「ロクデナシが本当の親になる」お話しでしょう。 イ・ジュンギ君も良いのですが、またしても・・・こ・や・く!・・・、アジョジ(私の事です)は、子役にメロメロです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「君の声が聞こえる」

 「いとしのソヨン」のイ・ボヨンと「シークレット・ガーデン」のイ・ジョンソク&ユン・サンヒョン・・・そして、色々ご出演の脇役(私的には「女の香」のラムセス役が一番でした)キム・グァンギュ、そして、韓国の母・・・冬ソナのユジンの母役・・・キム・ヘスク・・・役者は揃っています。  ストーリーは、人の心の声が聞こえる高校生(イ・ジュンソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョ・インソンに涙「その冬 風が吹く」

 ろくでなしの男が、本当の恋をしてしまった。・・・泣くチョ・インソンと、泣かせるソン・ヘギョが良い! 特にチョ・インソン・・・、オレンジ色のコートだったり、赤いパンツだったり、レンガ色のダブルのスーツだったり・・・、君でなければ着こなせないだろ!と云う、「ろくでなし感」溢れるファッションに身を包みながら、一歩いっぽ人間らしさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強者(兵)共が夢の跡

 1988年9月ソウルでオリンピックが開かれました。長い間続いた軍事独裁政権が倒れ、久々に民主的な選挙で選ばれた大統領の基で開かれたオリンピック。 当時の大統領も、写真の様に「人類の平和と 民族の栄光と」と記しました。 しかし、その大統領は、軍事独裁・軍事クーデター・光州事件(大規模な民主化弾圧事件)の中心的人物であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国で、何を食べたか?(最終日)

 最終日のお昼は仁寺洞(インサドン)のミンガタホンでランチです。ミンガタホンは、朝鮮時代の有力両班である閔氏のお屋敷をレストランにした所です。この日は、辛口トマト味のスープスパをメインにしたランチをたのみました。チゲの様に見えるのが、海鮮たっぷりのスパゲティーです。二皿目は豆腐料理です。 最後に、夕食は機内で出るので、ソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国で、何を食べたか?(3日目)

 3日目は、「冬のソナタ」の舞台、春川(チュンチョン)・・・、ここの名物「タッカルビ」を食しました。お店は「春川タッカルビ通り」にあるズバリ「名物(ミョンムル)タッカルビ」という名前のお店。お店のご主人は、姉妹都市である岐阜県各務原市にタッカルビの調理指導に行った事のある方です。そんなお話を聞いていると、「こんな時期」に日本から来た事に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国で、何を食べたか?(2日目)

 二日目は、夜しっかりと豚肉を野菜で包むポッサム料理のお店に行くことが決まっていたので、お昼は軽くワッフルで済ませました。 ・夜は、江南にある「ウォンハルモニポッサム」と云うお店です。ポッサムは、茹でた豚肉を野菜に包み、テンジャン(味噌)やコチジャン(辛味噌)・オキアミの塩辛などで味を付けて食べる料理です。このお店では、豚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国で、何を食べたか?(1日目)

 今回をも色々なものを食べました。 先ず、アシアナの機内食・・・、何の変哲も無いのですが、チューブに入ったコチジャン・・・、さあ韓国へ行くぞ!と盛り上げてくれます。   ・東大門から少し東にある、地下鉄新堂駅(2・6号線)・・・、ここに有るのがトッポキ横丁です。ここのトッポキは、麺が二種類・おでんの具材、ゆで卵などが入って、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梨花洞「(庶民の)路上美術館」

 ソウル東大門の北を上がって行くと、大学路(テハンロ)と城壁があります。そしてその間にナクサン公園と云う公園があり、その公園の西側・・・梨花洞という道沿いに「路上美術館」があります。  路上のオブジェはあまり変わる事は有りませんが、「絵画」は、増えたり修復されたりして、いつも新しい発見があります。  東大門から山に沿ってへばり付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大門の近未来空間(内部編)

 内部は企画展示や常設展示、設計者のコーナー等に別れていますが、各種ショップも充実していて、日本からはヤマハ楽器がショールームを構えていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大門の近未来空間(外観編)

東大門デザインプラザは、今年出来たばかりのすごい建物です。設計は東京オリンピックのメイン会場を手掛けるザハ・ハディド女史。その斬新なデザインは、ファッションの街、東大門に相応しい偉容です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祈る人、怒る人、復帰する人。

 今回のように大きな事故や事件が起きたとき、当然のように人の心の持ちようは様々であり、その振る舞いも人其々であることがよくわかります。  「韓国全土が悲しみに打ちひしがられらた」「韓国民は一様に自信を失った」「全土は、怒りに震えている」・・・、一部は正しいのでしょうが、「全ては」とか「全土は」とか「一様に」という表現は、当たり前の話で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマの舞台ジェイドガーデン

今日はチョンニャンニ駅から韓国国鉄の最新鋭列車ITXで春川市郊外のジェイドガーデンまで行ってきました。  ジェイドガーデンは、「ラブ・レイン」「その冬、風がふく」「君はペット」等で使われた処です。  緑豊かなカンファドの春、ヨーロッパ風の庭園が素敵でした。  レンガ造りの建物の窓辺にガラスの風鈴・・・、わかる人には、わかりますね?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お餅大好き!ソウルっ子

地下鉄7号線「ハットン」駅近くのカフェ、「チュ・ギョンジャ・クルムトッカフェ」は、半オープンスタイルのモダンなカフェです。 内装はシンプルで、明るく、ゆったりとしています。 コーヒーも、 スタバやパスクチ、エンジェル・イン・アスと変わらないスタイルですが、小さなお餅のお菓子が付いてきます。此が柔らかくて美味しい!  も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more