テーマ:旅行

群馬の紅葉・・・もう少し

 【水上・諏訪峡】  そこそこの紅葉・・・      紅葉より本日は、台風一過の濁流に目が行ってしまいました・・・ 【榛名山の紅葉】
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水上辺りの紅葉

  台風の中、水上のペンションのワンコに会いがてら、紅葉を見に行って来ました。     雨模様でしたが、山は紅葉の真っ盛り、以前行った肉料理のお店も相変わらず美味しくて・・・・、 悪天候の割には充実の一日でした。  【水上は利根川上流、藤原湖周辺】 【水上の肉料理のお店、育風堂】
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸四宿の一つ千住

 日本橋を起点として伸びる五街道。その一番初めの宿場を「江戸四宿」と言います。  五街道なのに宿場は四つというのはおかしいですが、奥州街道と日光街道は宇都宮までは同じ道・・・、だから四つなのです。  東海道が品川、中山道が板橋、甲州街道が(内藤)新宿・・・、そして奥州・日光街道が千住です。  千住には東京北東部の主要駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八王市制100年全国都市緑化フェア

 東京都八王子市は、都下多摩地区の南部、私の住む相模原市の北部に隣接し、人口も60万人近い東京都で最大の市です。  その昔、八王子は、当地が生糸の産地でもあり、また、中央線で結ばれた甲信地区からの糸の集積地でもありました。現在、横浜、町田、相模原を結ぶ首都圏の主要通勤電車の横浜線も、明治時代に横浜港から輸出されて生糸を運ぶ貨物列車を走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「世界遺産:富岡製糸場」と「女工哀史」

 ユネスコ世界遺産「富岡製糸場」へ行ってきました。  明治の富国強兵の時代、富国日本の礎を成した官営富岡製糸場は、巨大な「技術者養成学校」といてスタートしました。そこは、高度な技術者を養成するため、採算を度外視した国営工場でした。フランスの最先端の技術を取り入れるために働く女工たちの待遇は、当時としては格別なものがありました。週七…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トロトロと船下り…長瀞

 埼玉県秩父地方…荒川の上流の景勝地「長瀞」に行ってきました。この日は、チョット水が少なくて大迫力とは言えませんでしたが、お天気も良く、川風に吹かれてライン下りはとても気持ち良かったです!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダリアは凄い!

 ダリアというと、公園や学校の花壇では、その大きさや色合いから結構存在感の有る花としてポピュラーなのですが、「私は、ダリアが好き!」という人が沢山居ると言う話は余り聞いた事はありません。 でも、秩父にはそのダリアが主役の花園が有るのです。温泉に行くついでに立ち寄った「両神山麓ダリア園」・・・、大迫力でした。 http://www…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太宰治と言う人間を生んだ「館」

 一般には「斜陽館」と呼ばれているが、それは太宰の生家だったからであり「太宰の父・津島源右衛門によって建てられた豪邸」と言うのが正しい。  外観は、なんだか大きな旅館のように見えるが、中に入ると和洋折衷・・・青森の特産である桧葉を惜しげもなく使った豪奢な造り。しかし、太宰はその豪邸の中で代議士夫人として忙しい母からそれ程深い愛情を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お腹に響く津軽三味線・・・弘前・黒石にて

 弘前では、ホテル(弘前パークパークホテル ダイニング響)で和食を食べながら世界チャンピオン葛西頼之さんの演奏を聴き、弘前の近く黒石でも若手の撥さばきを見る事が出来ました。  歌舞伎に馴染みのある私は、義太夫狂言などで太棹の三味線を聞くことはあるのですが、津軽三味線は別物です。津軽では、三味線は打楽器です。そして、左指は押さえであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北国の伏見稲荷?「高山稲荷神社」

 お稲荷さんと言うと、愛知県に住んでいた事のある私にとっては、仏教系の豊川稲荷を思い出すのですが、やっぱり多くの人は京都の伏見稲荷大社なのでしょう。・・・そして、伏見で有名なのは3000を超す多くの鳥居・・・、鏡の国に迷い込んだような光景は外国の人にも人気のパワースポットとなっているようです。   そんな鳥居のラビリンスが津軽にも・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津軽平野の真ん中に美しい橋「鶴の舞橋」

 りんごとお米の津軽平野。この田畑に水を送り続ける廻堰大溜池・・・、そこに20年ほど前に日本一の木造三連太鼓橋が架かりました。天気の良い日には岩木山(津軽富士)が見える景勝地となっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古い町並み「盛岡鉈屋町界隈」

 盛岡の南部、北上川の左岸に鉈屋町という町が有ります。奥州街道と宮古街道の分岐点で、商家や寺町が残るとても趣の有る町です。  寺町には大慈寺という立派な山門を持つお寺が有り、平民宰相で名高い原敬さんの墓所や、その近くの円光にはこれも総理を勤めた米内光政さんのお墓もあります。岩手県はこのほかに、斎藤実さん、鈴木善幸さんと4人の総理を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北の祭「大迫あんどん祭」マイナーでも本物!

 東北の祭といえば・・・ねぶた、竿燈、七夕、さんさ、花笠、野馬追い、e.t.c.全国区のお祭りが各県に有りますが、その土地とちにも本気度の高いお祭りが有ります。  そんなお祭りのひとつ「大迫(おおはざま)とうろう祭」(岩手県花巻市)を見て来ました。  このお祭り、H.P.によれば・・・ 【およそ200年の歴史を持つ大迫のお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜、林檎、祭、民謡・・・そして西洋建築。素晴らしい弘前!

 以前盛岡に住んでいたとき、多くの東北の町や村にお邪魔しましたが、一番回数を重ねたのが弘前でした。この町には津軽の厳しい自然の中で文化や産業を興して行った人々の息遣いが感じられます。  そんな中、明治以降、この北国が、近代化から取り残されないように頑張った痕跡が、街のそこかしこに残っています。西洋建築です。ここは函館?横浜?それと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の日の観光に強い味方・・・水族館!

  一昨日泊まった浅虫温泉・・・、多少熱めだったけど、ほんの少し肌に吸い付く弱アルカリ泉が絶妙・・・、とっても良いお湯でした。  予想はしていたのですが、朝起きると雨!!!・・・でも、浅虫温泉には雨の日観光の強い味方、水族館が有ります。雪国の水族館らしく、イルカのショーを行うプールも完全室内!子供の頃に戻って、お利口なイルカさんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横顔が素敵!五所川原の立佞武多

  今月の8日まで、正に祭の主役だった立佞武多に会ってきました。 先ずは歌舞伎の始祖、出雲の阿国・・・助六や連獅子を従えて妖艶な横顔を見せてくれました。 次は火消しの頭領だ! 最後は津軽の伝説から 何時か本番で会いたいです(*゚▽゚*) 五所川原【立佞武多の館】 http://ww…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥入瀬で水の惑星を体感

 もう10年振り位になるが再訪である。奥入瀬、私の記憶以上の存在感で迎えてくれた。  朝一番の新幹線で大宮を立ち、盛岡から(青森までが取れなかったので・・・)車で奥入瀬へ、本当は翌日の予定だったが天候を考慮し、急遽出発当日に。多少の疲れは有るが、それは今晩、浅虫温泉で癒すことにして歩く!  十和田湖からの水は、時にゆったりと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イイネ!十和田現代美術館

十和田には、実に楽しいアートな空間が有ります。それが十和田現代美術館。 建物の正面には韓国の現代アートの作家チェ・ジョンファさんの、フラワーフォースが存在感を示す。「この美術館はちょっと違うぞ!」という感じ・・・。更に建物の横には巨大蟻!道路の向こう側には、あの草間巨匠のオブジェが、恐らく彼女の作品を最も良く理解する子供達と共に、躍動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和の明かり・・・夏の百段階段(目黒雅叙園)

 7・8月の百段階段は、和の明かりで彩られています。先ずは、目黒雅叙園では長崎のランタンや美濃和紙の提灯・柳井(山口県)金魚ねぶたがお出迎え。    そして百段階殿は、切り絵を配した行灯。ねぶた。和のステンドグラス、光と生け花等々・・・、美しく飾らていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鹿の湯」で常連親父と・・・

 関東のリゾートとしては多少趣を異にする野趣あふれる温泉「鹿の湯」・・・普段は地元の常連客が集う場所なのでしょうが、今日は観光客がいっぱい・・・、私もその一人でした。  温泉は、40度前後の普通の温度から、48度の超高温まで、2度刻みで8つの湯舟があります。  48度は、血圧の少し高い私には命の危険があるので、46度に挑戦!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際的観光地に相応しい佇まい「聖公会 日光真光教会」

 百年以上の歴史を持つ日光真実光教会は、英国国教会系の教会です。  栃木で石造りというと・・・、大谷石(軽石凝灰岩)と思われガチですが、、こちらは安山岩・・・、中々に渋い色合いの建物です。こじんまりした内装には、綺麗なステンドグラスが施されています。  神社仏閣、キリスト教会・・・、、今日は「日本人らしく」信心dayです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こちらはお化粧中「輪王寺三仏堂」

 天台密教の名刹、日光山輪王寺は50年振りの大改修。  でも、綺麗になった阿弥陀様を中心とした三尊と、修復中の三仏堂は何と覆いの上にのぼって上から見ることが出来ます。・・・圧巻です! http://rinnoji.or.jp/precincts/sanbutsudo こちらは寄進用の屋根の銅板で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花、薔薇、ベネチアグラス「箱根ガラスの森美術館」

 箱根裏街道(√138)仙石原近くにある「箱根ガラスの森美術館」・・・紫陽花、薔薇が見頃。そして、展示はベネチアグラスの歴史・・・、更にバイオリンのミニ・コンサートまで(中々の超絶技巧が凄い!)結構楽しめます。  http://www.ciao3.com/top.htm   紫陽花(品種:ジューン・ブライド)とクリスタルの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の富士屋ホテル・・・菊華荘

 富士屋ホテルの朝食・・ ・このホテルが作るパンは、とても評判が良く、それを目当てに訪れる人もいるくらいだ。当然朝食はそれを目当てに洋食にしても良かったが、会場が別棟になる和食を選んだ。  和食の会場はホテルの向かいにある純日本家屋「菊華荘」。ここは旧高松宮御用邸だった建物だ。現在は、畳の部屋にテーブルを入れているが、100年を超…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のリゾートホテルの草分け「箱根富士屋ホテル」に泊まる

  現在、日本のクラシカルホテルの中で、19世紀からの建物を使っているのは、日光金谷ホテル、軽井沢万平ホテル、そして箱根富士屋ホテルである。   箱根宮ノ下にあるこのホテルは、開業時、宿泊客を外国人に限定していた為に様式は西洋風であったが、日光金谷ホテルの二男を娘婿に迎えてから和洋折衷の面白いホテルとなった。   さて、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜イングリッシュガーデン

 薔薇の季節です。  ここは、横浜駅から東海道線をほんの少し大船方面に行った街のど真ん中!TVKの住宅展示場のすぐ横にある植物園です。  そんな立地でも薔薇の品種は数えきれず、敷地が狭いだけに花々の密集度とギャラリーとの距離は抜群!横浜駅のベイシェラトンの近くからシャトルバスも出ています。・・・まだまだ見頃は続きます。お近く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農民の思いが産業遺産に「豊稔池ダム」

 香川県には満濃池をはじめとした多くの灌漑用のため池があります。そんな香川の観音寺市に「日本最古の石積式マルチプルアーチダム:豊稔池ダム」があります。  この地区は、干ばつによる飢饉に見舞われる事が多く、昭和の初期、当時最先端の土木技術だった石積式マルチプルアーチ式のダムが、多くの農民たちの力を借りて出来上がりました。  現…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

岡山と言えば「後楽園」

 後楽園を見ずして岡山を語っては行けないと思い、後楽園へ行って来ました。正直、後楽園と言えば遊園地や野球場がある所・・・、いや、静岡に生まれ育ったガキの頃には熱海の温泉ホテルか?・・・そんなふうにインプットされていた失礼な人間でしたが、見に行ってみました。更に、お庭と言えば、兼六園・六義園・浜離宮・三渓園・新宿御苑等々・・・、名だたる名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の仕上げは岡山を堪能

 瀬戸内の旅・・・、最終日は、吉備津神社・後楽園・備中国分寺!中でも最後に行った国分寺は素晴らしかった!レンゲ畑と五重の塔のコントラストが絶妙!最後にいいものを見せてもらいました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more