テーマ:ホテル

軽井沢の二つのクラシック・ホテル

 明治期に軽井沢に建てられたふたつのホテル・・・、ひとつは長い眠りのなかに、もうひとつはまだまだ現役。先ずは、明治39年創業の三笠ホテル。外国人宣教師の避暑地から始まった軽井沢に多くの著名人が泊まるようになったのはこのホテルから・・・  純木造の骨格を持つこの建物は重要文化財です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安くて快適!韓国のホテル

 今回泊まったのは、東大門のスカイパーク・キングスタウン  立地は東大門のファッションビル「ドータ」のすぐ裏。江南や明洞へ続く4つの路線が乗り入れる二つの地下鉄駅がすぐ近くにある。  ホテルは高層ビルの15階以上22階まで、フロントは日本語もOK。階下は現代のアウトレット・・・、レストランも多数あり。  そして部屋・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の富士屋ホテル・・・菊華荘

 富士屋ホテルの朝食・・ ・このホテルが作るパンは、とても評判が良く、それを目当てに訪れる人もいるくらいだ。当然朝食はそれを目当てに洋食にしても良かったが、会場が別棟になる和食を選んだ。  和食の会場はホテルの向かいにある純日本家屋「菊華荘」。ここは旧高松宮御用邸だった建物だ。現在は、畳の部屋にテーブルを入れているが、100年を超…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のリゾートホテルの草分け「箱根富士屋ホテル」に泊まる

  現在、日本のクラシカルホテルの中で、19世紀からの建物を使っているのは、日光金谷ホテル、軽井沢万平ホテル、そして箱根富士屋ホテルである。   箱根宮ノ下にあるこのホテルは、開業時、宿泊客を外国人に限定していた為に様式は西洋風であったが、日光金谷ホテルの二男を娘婿に迎えてから和洋折衷の面白いホテルとなった。   さて、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリティストのホテル「アンダリゾート伊豆高原」

昨日からの泊まりは伊東市の大室山近くにある「アンダリゾート伊豆高原」。コンセプトはバリ風!、こちとらバリなんて云うところに行ったこともないので納得するしかない。でも食事は別段バリでも東南アジアでさえも無い。ただ、何時でも食べに行ける夜食にバリ風のカクテルと麺類は有った・・・ ここの良いところは、温泉とほんの一部の酒類(高そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョット違う「朝鮮ホテル」

 今回泊まったホテルは「ウェスティン朝鮮ホテル」・・・1970年に建てられた20階建てのホテルです。20階建てと言ってもソウルではそれ程巨大な建物という分けでは無く、部屋数も凄く多いという分けではありません。  しかし、ソウルを訪れる多くの外国人客から高い評価を得ている事が頷けるホテルです。  このホテルが創業したの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more