テーマ:ドラマ

スター共演「青い海の伝説」

 映画「イルマーレ」(2000年)「猟奇的な彼女」(2001年)のチョン・ジヒョン・・・まだベテランと呼んでは行けないが、現在最も人気のあるイ・ミンホとの共演となると年齢差6歳が気になる。しかし、時折可愛らしい表情を見せる彼女と押しも押されもせぬトップ男優のコンビは凄い!・・・人魚と人間との恋を描く「正統派ファンタジー」・・・、韓国ドラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

掴みは大阪粉ものから「孤独のグルメ6」

 また、始まってしまいました。  一回目はいきなり大阪のおこのみから・・・、もうすでにB級グルメとは呼べなくなったお好み焼き・・・、そして屋台の串カツ!これはもう反則!  【大阪府美章園のお好み焼き定食と平野の串かつ】  今回の課題は、先ずお好み焼きはご飯のおかずになるか?勿論こたえは決まっているが、五郎さんの表現力に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「64」映画とドラマ

 どちらが面白いか?と、思って見たが、両方面白かった。  物語は、たった数日しか無かった昭和64年。その最後の日に不幸な結末となった少女誘拐殺人事件・・・、その捜査にあたった捜査官と被害者の父親、そして操作時に不祥事を起こした元警官等々・・・、時効を前に新たな展開を見せる。  主役は、テレビ版(NHK)がピエール瀧、映画版が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「信繁」から「幸村」へ脚本の妙

「真田丸」・・・すばらしい脇役に恵まれて、何とか堺君もやってきたといった感じでしたが、「幸村」の回をみて、三谷さんno 脚本の妙を思い知りました。流石です。  この回までは、「信繁」が「幸村」になって行く物語で、父や兄、秀吉や三成、景勝や家康を見ながらやっと「幸村」になりました。  一方、「主役」堺雅人も、ここまで草刈正雄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ととロス?」楽しかった「とと姉ちゃん」 ドラマ朝ドラとと姉ちゃん

 実際の「大橋鎭子と花森安治」とはちがうとか、商品テストに対して企業の嫌がらせなど無かったとか、暮らしの手帳の追及した「戦争責任」と「食品公害」への取り組みが描かれていなとか…、確かに色々ありましたが、フィクションとしては良く出来ていました。  昭和の暮らしを「もの」を通して描いて行くのは中々良い発想だったのでしょう。今時、20%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カッコ良い!信之(大泉洋)「真田丸」

 昨日の真田丸は所謂「犬伏の別れ」・・・真田兄弟が「関ヶ原の戦い」で東西に別れる決断をする場面!  姑息な手段に訴えようとする父昌幸(草刈正雄)を一喝し、真田の家を守るためここは一旦別れようと信之は提案する。  毅然とした信之の態度に気圧される昌幸と信繁(堺 雅人)・・・。ダメ男を演じたら天下一品の大泉さんが渾身の一喝!だか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「外為法違反…有りだな」NHK「未解決事件(ロッキード事件」

Nスぺ・・・「未解決事件・・・」が良い!  「ロッキード事件」吉永主任検事を演じる松重豊さんが良い!  まさに、旬の役者さんと云う事だろう・・・  分かる人にはわかると思うが・・・、どこかで・・・ 「外為法違反・・・有りだな」 「そう来たか?」 「脱税に、収賄・・・、良いぞ・・・!いいぞ・・・!」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流石!クドカン「ゆとりですが何か」

「ゆとり世代」と呼ばれる、4人の男女が繰り広げる群像劇。  何と言っても、本が良い。宮藤官九郎の本は、時代の切り取り方が巧い。世代の気分の表し方が鋭い。  実の処、彼らには罪の無い話なのだが、「ゆとり」と言うレッテルを貼られる不条理・・・、しかし、それを乗り越えようとする健気さ・・・。宮藤官九郎には愛が有る。  そして、配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビ黎明期を思う「トットてれびが面白い」

黒柳徹子さんとテレビの黎明期を描いたNHKのドラマ「トットてれび」が面白い。  先ず音楽が良い!流石!大友良英!当時の流行歌のイメージを壊さない様・・・、それでいて時代遅れにならないようなアレンジが冴える!・・・やっぱり「あまちゃん」の「音楽監督」は凄い。  役者さんでは、何と言っても満島ひかりさん・・・、今も現役の黒柳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先ず韓国に追いつけ「ドラマ輸出」

仏でテレビ番組見本市 「精霊の守り人」特別上映(NHKニュース) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160405/k10010467891000.html  この見本市でアジアのテレビ局が制作したドラマが特別上映されるのは初めてで、来場者はスーパーハイビジョンならではの高画質な映像を熱心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日韓競作ドラマ「深夜食堂」

「深夜食堂」と云うドラマは、2009年に毎日放送が制作してTBSが配給した深夜ドラマだ。  ドラマの形式は一話完結。午前0時に開店する新宿歌舞伎町近くの路地裏にある「めしや」・・・、この店は、コの字型のカウンターの真ん中に陣取るマスター(小林薫)が、客の注文に従って色々な料理を作る。  物語は、注文された料理や注文した客のエピソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好演、綾瀬はるか「精霊の守り人」

 上橋菜穂子さん原作の小説「精霊の守り人」実写版ドラマが今日から始まった。  この小説の映像化は、世界的なアニメ制作会社プロダクションI.G.が手掛け、高いクオリティーを示しているだけに、並大抵の覚悟で出来るものでは無いが、NHKの力の入れようが良く分かる中々の出来だ。  演出は、大河では「元禄繚乱」や「天地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ「きんぴか」(WOWOW)

最近WOWOWのドラマが良い!浅田次郎原作の「きんぴか」も、地上波では出せない味を出す。  やくざの抗争で、鉄砲玉となってしまったケンタ(中井貴一)・・・、「つとめ」を終えて出て来たが、暴対法のおかげで変質してしまった組の幹部は迎えにも来ない。  集団的自衛権の法制化に抗議して、命を賭して幕僚に迫った大河原(ピエール瀧)は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマで街巡りで「東京センチメンタル」(テレ東)

テレ東の深夜ドラマ枠・・・有名な「孤独のグルメ」の後番組です。  先ず、出演者が凄い!何せ私の大のお気に入り俳優さんが目白押しなのです。  吉田剛太郎、片桐仁、小栗旬、高畑充希、大塚寧々、そして第一回目のゲストが草刈民代である。  キャスティングだけでマイッタ!  主人個の和菓子職人、久留里卓三(吉田)は、恋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捏造の考古学「地の塩」(wowowドラマ)

初公開はもう一昨年の事だが、最近再放送を見た。1話1時間の4回シリーズだ。  前・中期旧石器時代の捏造問題と言えば、東北旧石器文化研究所の所長が起こした遺物捏造事件が思い出される。  このドラマは、その事件を基に、遺跡から「発掘」された近年の誘拐事件の遺体に関わる誘拐殺人事件を絡ませたサスペンスドラマである。  遺物の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

STAR WARS<STAR TREK

この週末から日曜日にかけては、多少体調がすぐれなかったので、家でビデオ三昧でした。  この週は、スターウォーズの封切(凄い事件になるはずが「妖怪ウォッチ」に負けた様ですが」)と云う事だったのですが、わたしは、敬愛するピカード艦長とカーク船長に多くの時間時間を割きました。  STAR WARSとSTAR TREK・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐らく今年一番「ヒーラー」(KBS2:衛星劇場)

 2014年暮れから2015年にかけてKBSで放送されたドラマです。  主演は、チ・チャンウクとパク・ミニョン・・・、高度な身体能力とハイテク技術を駆使して、頼まれた依頼は何でも熟す「便利屋=ヒーラー」ソ・ジョンフ(チ・チャンウク)は、放送局の花形記者である、キム・ムノ(ユ・ジテ)から依頼を受ける。  依頼の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WOWOW時代劇「ふたがしら」は良かった

 「脅さず殺さず汚え金を根こそぎいただく」をモットーとした盗賊集団「赤目」・・・、その頭目・辰五郎(国村準)が死んだ。  後を託されたはずの宗次(早乙女太一)と弁蔵(松山ケンイチ)・・・、しかし、遺言には甚三郎(成宮寛貴)の名前が・・・  非道の限りをつくす甚三郎の新しい「赤目」・・・、そこを抜け出して辰五郎の遺志を継ごうとする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時代劇復活「ふたがしら」(WOWOW)

 民放テレビドラマの世界から「連続時代劇」と云う分野が無くなって久しい。確かに、NHKは大河や○曜時代劇のなどの枠を持ってはいるが、これはNHKの仕事だ。  民放でも、今、「信長のシェフ」という作品を京都(東映)で撮っているが、所謂「チャンバラ」では無い。長い歴史を持つ職人集団・東映京都撮影所は、今、風前の灯の様だ。  そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓流ラブコメは良いね!「ずる賢いバツイチの恋 」

まず、このドラマ・・・、チュ・サンウクさんが良い!私にとって、ジャイアントの時の印象がとても強かったが、「美女の誕生」で完全にイメージを一新。そして、このドラマでは、豊かな表情の名優といった印象が生まれました。良い役者さんです。  更に、ヒロインのイ・ミンジョンさん、強いようで弱い、ずる賢いようでどこか抜けている、意地悪そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重厚な警察ドラマ「64」(NHK土曜ドラマ)

ピエール瀧と云う「役者」の存在感は半端では無い。  役者としての基礎が出来ているわけでは無いのでセリフは素人っぽさが全く抜けていない。しかし、デカい顔が良い!鋭い目が良い!眉間の皺が良い!声が良い!  今回は刑事役ではあるが、「凶悪」の時のやくざ役に匹敵する存在感を出している。  やくざ役を上手く演じられる俳優は、「どうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ「信長協奏曲」

 勿論際物です。  でも、際物ゆえの見方をすれば、中々面白い。  「道三!お前もか?」「アンタ!藤吉郎なの?」・・・にはマイッタ!  これからも、どんどん歴史を壊して下さい。ついて行きます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国ドラマ・「子役」の力

先週見終った「TWO WEEKS(2週間)」の子役、イ・チェミの演技力には脱帽でした。子役は、「素の可愛さで勝負すればそれで良い」・・・、なんて範疇は完全に突き抜けています。明らかに「演技」しています。セリフはもとより、その表情の素晴らしさは、確実に役作りをしている「役者」です。  「太陽を抱く月」「ロードNo1」「トンイ」等のキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュース・ルーム2

 架空のテレビ局の報道番組の内部を扱ったドラマです。  国家犯罪(化学兵器の使用)や大統領選挙の報道の在り方、急進的保守派の台頭等々、扱う内容は多岐に渡り、そのスケールは大きいのですが・・・、見ていて苛立つのです。  扱う内容に比べて、取材している記者達の私生活が何とも「ショボイ」のです。実生活に悩み、時に精神を病みながらも報道に取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大空港20013」(WOWOW:三谷幸喜)

 「大空港!」と言うタイトルからして冗談です。大空港と言えば、成田・羽田・関空・セントレア?少なくとも新千歳規模で無ければ・・・大空港とは言えないのでしょうに…なんと、「信州まつもと空港」・・・、ひと頃、全ての便が無くなるのでは?と言われた地方の小規模空港・・・、今でも定期便は、札幌・福岡の往復4便しか飛んでいない(フリートもFDA:フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「真夜中のパン屋さん」NHKドラマ

 タッキー&翼の滝沢さんと、関ジャニjrの桐山君の・・・何故か?午後11時開店のパン屋さんの物語です。  ワケアリの二人に加えて、ワケアリの女子高生や小学生・・・、そしてストーカーや性同一障害の「おねえさん」等・・・、もろもろの「ワケアリ」を、持ち前の包容力で包み込んでしまう滝沢君の演技が秀逸です。  とても暖かい気持ちにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more